• ホーム
  • 淋病の検査方法と怖い症状

淋病の検査方法と怖い症状

淋病は淋菌によって引き起こされるポピュラーな性感染症です。
この菌は高温や低温に弱く自然界では生息できず温かく湿った場所を好んで生息します。
人体では子宮頸管、子宮、卵管、尿道、口腔咽頭、目、肛門などに生息します。

淋菌による感染はペニス、膣、口、肛門等の接触により感染することになります。
また出産に際しては母から子への垂直感染を起こすことになります。

アメリカのCDC(疫病予防管理センター)には年間35万人の新規患者が登録されているそうですが、実数はその倍以上とも考えられています。

淋病の症状としては男性と女性では異なってきます。
男性では排尿時の疼痛、ペニスから白色、黄色、緑色の分泌物が大量に出る、睾丸の腫れや痛みを伴う場合もある等が主な症状です。
症状の出方はそれぞれで、全く症状の出ない人、30日程度たってから症状の出現する人もいますが一般的には2から5日で特徴的な症状の出る人が多いようです。
女性では排尿時に熱感を持った痛み、膣からの分泌物の増加、不正出血などが挙げられますが、比較的症状も穏やかで、全く症状の出ない人もいます。

症状が出ないからといって感染していないわけではありません。
放置しておくと時間が経過してから恐ろしい症状が出ることもあります。
男性では精巣上体炎、女性では骨盤内感染症が最も危惧される合併症です。

淋菌に感染しているか否かを検査する方法としては簡易的なものから正確なものまで様々ありますが、現在最も高感度の検査方法としてはPCR法、SDA法に代表される遺伝子核酸増幅法です。
これは検体の中に含まれるDNAを増幅し、その増えたDNAが淋菌のものであるかどうかを確認する方法です。
尿や子宮頸管の分泌物等の検体の中に存在する淋菌の数が少なくても検出することができるのが特徴です。

治療法としては抗生物質を使用します。
多くは十分な量を単回注射するという方法をとりますが、内服治療を行うこともあります。

安心するのはまだ早い!淋病の潜伏期間

危ないかな、と感じていても症状が出ないからと安心するわけにはいきません。
淋病の潜伏期間は一般的には男性で2から7日、女性は症状も軽く不明瞭なため特定できません。
全く症状の出ない人から1か月が経過してから症状が出る人もいます。
潜伏期間が過ぎても症状がでないからと安心するのは危険です。
症状が出ないまま体内にとどまり、気づいたときには清掃や卵管、卵巣等に合併症を引き起こしているという危険性があります。
また、妊娠中に淋菌に感染すると骨盤内感染症、早産や破水の原因ともなりかねません。

淋病の検査を受けるタイミングとしては感染の危険性のある性交渉をした日から2、3日後が望ましいとされています。
検査結果が陽性であれば症状の有無にかかわらず治療をする必要があります。
もちろん検査で陰性になるまでは感染の危険性があるので性交渉は慎みましょう。
淋菌は治療が終了しても抗体ができるわけではなく、感染の危険性のある性交渉をすれば再度感染してしまいます。

淋病は古典的な性感染症でかつては性風俗関係に働く人からの感染が多くみられていました。
しかし今日でも感染者の数が増加の傾向があるのは性形態の変化に伴う感染源が増えていること、各種薬剤に耐性を持つ淋菌が増えてきていることにあります。

感染者のピークは性交渉の活発な20代から30代ということになるでしょう。
自分の身は自分で守るしかありません。
正しい知識を持ち良識のある行動をしたいものです。
また、もし感染の危険性を危惧したならば恥ずかしがらずに検査を受けることです。
主には男性は泌尿器科、女性ならば婦人科で検査を受けることができます。

特定の相手との性交渉の中でも互いに症状がなければ気づかず、調べてみたら陽性だったという話もあります。
パートナーとなる人のためにも互いに淋病に限らず性感染症の検査を行うことが安心材料となります。
陰性であればよいのですが、もし何らかに陽性反応が出ても治療を行えばよいのです。

関連記事