• ホーム
  • 市販されている性病治療薬の種類

市販されている性病治療薬の種類

私達がドラッグストアや薬局で購入できる治療薬は、市販の治療薬というジャンルなので、病院で処方されている治療薬などと比較すると効き目が弱い場合があります。
効き目が弱いのには訳があるのです。市販の治療薬は色々な年代、症状に効き目があるように作られているので、広く浅く効くようになっています。
それにより比較的効果は弱くなってしまいます。

次に市販されている性病治療薬の種類はどのくらいあるのかというテーマに移っていきます。
例えば性病の場合、世界には200近い数の種類の性病が存在していると言われています。
それに対抗するには治療薬も同じくらいの種類が必要になります。
なので、病気の数だけ治療薬の種類も存在するというのが一般的な考え方です。

かつて日本は鎖国状態で、外国人との関わりを断絶していました。
しかし、次第に海外との交流を持つようになり、今では多くの外国人が日本に訪れています。
外国製の商品も毎日たくさん日本に輸入されてくるので、今までの日本にはないはずだった病原菌なども多く日本にやってきている状況です。
人種や文化が多様化するように、病気も色々な形に姿を変えるようになってしまっているのが現状です。
そして、今は日本固有の病気だけではなくなりました。

病気の数が増えるスピードはとても速く、私達が思っている以上に病気の数は増え続けています。
しかし、それを放っておいては私達の生命の危機になるので医薬品メーカーや研究者達は日々新しい病気に対応するための治療薬を開発しています。
性病の患者も毎年増加傾向にあり、海外で性病に感染してしまう人も増えていて、海外では日本のように性病に対する予防策や知識を持っていない人も多いです。
なので、観光などで海外に行った際に安易な考えで性交渉などをしてしまうと性病のリスクは非常に高くなります。
海外で性病に感染してしまうと、日本のドラッグストアや薬局で売っているような市販の治療薬はあまり効果がないです。

再発の場合しか買えない薬を初発で買うとバレる?

性病の中には再発のリスクが非常に高い病気があります。
再発が多い性病の特徴はキスなどのスキンシップに近いような行動でも感染してしまうような種類の性病です。
再発の場合は初発とは違った種類の治療薬が処方されることがあり、検診では正直に初発か再発かを説明した方がよいです。
ここで医師や薬剤師に嘘をついてしまうとせっかく処方された治療薬が効かないということもありえます。
恥ずかしいからといって嘘をついていると、医師や薬剤師は本当のことが分からずに混乱してしまいます。

性病にかかってしまった時は正直にすべて話したほうが再発を防ぐための治療を行うことが出来ます。
性病は大事な体をむしばんでしまう重い病気があります。
性病を軽い病気だと考えるのではなく、しっかりとした危機管理を自分で行うようにしましょう。
不特定多数の相手と性交渉するのは非常に危険だということや、その日にあったばかりの人と性交渉するのは危険だということをしっかりと認識するのが大事です。
自分の身を守るのは自分ということを頭に入れて行動しないと、知らず知らずの内に重大な性病を患っていることもあります。

性病は私達の生活と密接な関係にある病気で、誰にでも感染のリスクがあるのです。
性病に関する知識は学校で教えてもらうだけなので、学校を卒業すると忘れてしまう人も多いです。
自分の体とは一生付き合っていかなくてはいけないので、学校で学んだことは忘れないようにしましょう。

今の若者はSNSによるつながりを求める傾向があり、情報もSNSから収集する人がほとんどです。
なので、若者向けにSNSなどで性病の危険性を語ることもこれからは必要になっていくのかもしれません。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧